釣り

タカミヤ H.Bconcept SHORE JIGGING -DX 1003MH購入とインプレ


こんばんわ。平均サラリーマンです。

今回はショアジギングがしたい!!けど高い道具には手を出せないという悩みを抱えた方にお勧めしたいショアジギングロッドの紹介です。

ショアジギングを始めたいけど、道具を見ると1万円以下は使えないというような記事を良く見ます。しかし、本当に使えないものなのでしょうか??

今回私が購入したのは、「タカミヤ HBコンセプト ショアジギング」というモデルです。アマゾンに商品がなく、楽天で購入をしました。

その時の価格は、6400円とかなり安いです。というか、1万円以下は使えないと言っている人間からしたらおもちゃレベルの値段かと思います。

しかし、トップガイドはFUJI SICガイドを搭載しリールシートには、FUJI DPSをも搭載しております。PEラインとメインとして使用するショアジギングには必要不可欠な要素が組み込まれていますね。

カーボンも98.0%含有しており、重さも243gとシマノ コルトスナイパーなどと同程度の重量となっております。そして、ルアーウエイトもMAX90gまで使用できるといった重いジグをも許容できる作りとなっています。

私の基本は、40-60gのジグと32gのプラグを投げていますが向かい風でなければ100mは余裕で出ます。それもほぼど素人に(笑)

竿自体の柔らかさのイメージは、悪い言葉で「野暮ったい」いい言葉で「柔らかさと硬さの中間」といった感じでしょうか。正直野暮ったいと感じる場面はあります。その場面は60gより上のジグ使用時です。なんだか、キャスティング時の竿のしなるイメージと実物のしなりのイメージで誤差が生じている感じです。本当はもう振りぬき終わってるイメージなのに一瞬遅く穂先が来る感じ・・・。けれども60g以下ではそのようなことはなくほぼイメージ通りです。

このロッドで私は40-50cm程度のカンパチ・イナダ・ヒラメを釣り上げたことがあります。穂先の柔らかさは十分ですね。バッドパワーはちょっとこのクラスの魚だと強すぎるイメージです。簡単に魚が浮いてきました。かけてからの楽しみは半減でしたが、もう少し大きな魚を狙えるような場所であればちょうどいい強さかと思います。

感度に関しては、「んーーー。」と悩ましいところ。ジグ40-60gを投げて底に着底した感じはわかりますが、プラグの着底はわからないです。そして、魚が喰った!!!って感じも40-50cmだとわかりにくい( ゚Д゚)「お。なんか重いな。巻いたら魚ついてるんじゃん??」くらいの軽い気持ちでしかわかりません。

総合的にいったらかなりコスパはいいロッドだと思います。しっかりとした装備を搭載し、バッドパワーもあり、ある程度のジグも投げることができる。このようなロッドは他にはありませんね。1年間ほど使用しましたが、壊れる気配はありません。ガイドに多少のさびはありますが、気にする程度でもないです。1万円以下は使えないといっているひとは高級ロッドを使われているだけで、初心者で始める方や予備の一本が必要な方は全然問題ないレベルのロッドかと思います。一応ご紹介しておきますね。

タカミヤ H.B concept SHORE JIGGING-DX 1003H

価格:6,401円
(2018/4/21 23:36時点)
感想(0件)

かなり安めのものなので一度購入されてみてはいかがでしょうか??

 

 

こちらの記事もお薦め!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA