車・バイク

TW125 購入


こんにちわ平均サラリーマンです。

以前維持費について記事を書きましたが、今回は現在の愛車TW125について考察します。

まずTWとは、1987年誕生したTrail Wayの略語でTWとなりました。モデルとしては、200cc 225cc そして125ccとあります。開発当初の、コンセプトは「道なき道を行く」というオフロード車を想定しましたが、キムタクのドラマで「スカチューン」なるものが大流行し、当初のコンセプトからかけ離れたものになってしまいました。一時期はバーニングでも特集が組まれ、周囲はTWばかりという凄惨な状況。YAMAHAも、流行にのって初期のドラム式ブレーキからディスクブレーキに変更するなど、モデルチェンジも頻繁に行われていた車種です。

今現在は新車販売も無くなり、基本的に中古車オンリー。そして、スカチューンばかりが店頭に並び、昔の栄光のかけらもなく低価格での取引価格となっています。

しかし、TW125だけは高い!!!

なぜかというと、国内モデルでなく日本に持ち込まれたのは数千台程度。日本の税制にあった125ccであり、200ccとの共有パーツが多い・・・というかエンジン以外は200cc(笑)故、スカチューンで純正パーツが市場に流通。結果、部品が安く・かつ大量にストックがある状態。これは、高くなる・・・。

個人売買で200ccは3万円から購入可能ですが、125ccは12万円ていどからの販売になっており、大手バイク業者では38万円などのプライスも見ました。私は個人売買で14万円で購入しましたが( ゚Д゚)

そんなTW125なんですが、なぜか200ccよりもサイズが大きいです。2135/820/1120(全長/全幅/高さ)が125ccで200ccは2025/820/1110と幅以外はやや大きいです。体感的に変わりはありませんが、なんで??となります。身長180cmの私が乗って大きな違和感は感じない程度の作りとなっています。乾燥重量も120kgと本気を出せば抱えて運べる重さですね。

さすがにエンジンのスペックは75ccボアダウンしているので、非力感は否めません。125ccが約12馬力 200cc 16馬力となっています。たった4馬力ですが、1速からの出足や5速からの伸びが違います。一般道走行している分には、どちらも同じようなものです。そう・・・どちらもかなり遅いですよ( ゚Д゚)

パワーウエイトレシオで言えば、0㎏/ps程度で車で言えばスイフト程度となっています。車乗りだけの感性だと、やや早く感じますが、バイク乗りではまぁ遅いです(笑)もともと大型バイクに乗っていたのですっごく遅く感じますが、4気筒から単気筒へ乗り換えたので125ccにしてはレスポンスはいいと感じてます。

乗り味ですが、バルーンタイヤがちょっと怖いです。というのも車重が軽すぎて簡単にバイクを倒せるし、バルーンタイヤなため思ったよりIN側への体重移動が可能です。大型気分でやって電柱にエルボーしかけました。これは、慣れの問題かと思います。

そろそろタイヤ交換を考えています。早くブロックタイヤを履きたい!!!

こちらの記事もお薦め!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA